【もはやスーパーフード!?】便秘解消・肥満防止・ダイエット…こんにゃくって実はすごい

こんにゃくはダイエット食品の代名詞

噛み応えもあって腹持ちも良く、味がないので好みの味にも変身できる「こんにゃく」。茹でても焼いても、何かに混ぜてもいいですし最近は白米の代わりに食べるこんにゃくライスなんてものも売られています。

こんにゃくのカロリーは100グラムあたりなんと5カロリーほど!

できるだけおなかいっぱいに食べたいけど、ダイエットしたい…という方には持ってこいの食材です。

さらには糖質もほぼ0に近いため、筋トレなどをしている方の食事制限にもピッタリです。

こんにゃくは腸のお掃除屋さん

こんにゃくの成分はほとんどが水分でその割合はなんと約97%!その水分以外は「グルコマンナン」という不溶性食物繊維だけです。

このグルコマンナンは人間の体内では消化されず、消化器官を通って体外に排出されます。

つまり、腸内をゆっくり移動して老廃物など不要なものをお掃除してくれてうんちとなって体外へ排出してくれるんです。

この働きが便秘解消になり、腸内をスッキリさせてくれるのです。

だけど、こんにゃくをたくさん食べればいいってわけじゃない

こんにゃくは低糖質・低カロリーで便秘解消や肥満予防、ダイエットなど様々な場面で活躍してくれます。

ですが、注意したいのが多く食べていいわけじゃないということ。

不溶性食物繊維のため、体内で消化ができないので水分や油分が足りなかったり、ストレスや体調不良などバランスを崩してしまい便が出にくいときは注意です。

腸閉塞という、腸が詰まってしまう病気になる危険性もあるのです。

腸閉塞は酷い場合、死に至ることもあるのでそうならないためにも「食べ過ぎないこと」を心がけましょう!

目安は一般的に売られているこんにゃく1枚くらい。300グラムくらいでしょうか。

おでんなどでもおなじみの四角の板こんにゃくだけでなく、糸こんにゃくや丸型の玉こんにゃく、そのまま食べれる刺身こんにゃく。

さらには糖質制限ブームでこんにゃくを細かくしてお米の代わりにもできるこんにゃくライスまであるので、好みのこんにゃくを見つけてみてくださいね。