【女性の味方】プルーンの驚くべき効果いろいろ

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでも多く売られているプルーン。主にドライプルーンが多いですね。

栄養満点で食べ応えもあるプルーン。健康の味方なのです。

プルーンは「ミラクルフルーツ」!?

プラムとは西洋すもものことをいい、乾燥させたものをプルーンといいます。プルーンはドライフルーツの中でも肉厚で食べ応えがあり、甘酸っぱく味も濃いのでになっているので小腹がすいた時にそのままはもちろん、グラノーラやヨーグルトなどと一緒に食べてもとてもおいしいです。

そして、味だけではなくプルーンと言ったら栄養価の高さ!

含まれている栄養価が高い・栄養素が多いことから、健康のためはもちろんのこと、美容などにも効果ありで!世界で「ミラクルフルーツ」と呼ばれるほど人気が高いフルーツなんです。

プルーンにぎっしり含まれる栄養素

プルーンといえば鉄分。貧血予防・改善に役立ちます。

しかもただ鉄分が多いだけではなく、血液を作るのに必要なビタミンB6や葉酸などのビタミン群などバランスよく含まれています。

女性は特に貧血持ちの方が多いのが現状です。生理期間などは貧血が原因でフラフラしたり、頭痛を起こしたりします。鉄分が足りなくて顔色が悪くなったり…

貧血になりやすいという方は毎日プルーンを食べる習慣をつけて貧血予防してみましょう。

そして鉄分だけでなく、食物繊維やミネラルも豊富でダイエットや便秘解消・整腸作用にもオススメ。

抗酸化作用のあるビタミン群やポリフェノールも含まれており、美肌効果はもちろんアンチエイジングにも効果的!女性の味方すぎる食べ物ですね。

しかし!いっぱい食べていいわけじゃない!?プルーンの「食べる量」には要注意

プルーンは健康や美容だけではなく、便秘解消・整腸作用・アンチエイジング・貧血などさまざまな効果が期待できます。

一口サイズで味もはっきりしていておいしいですが、簡単だからこそ食べすぎに注意です。

なぜかと言うとプルーンには「ソルビトール」という成分が含まれています。このソルビトールはお腹をゆるくする作用があり、あまり多く食べ過ぎてしまうと下痢の症状を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

そしてポリフェノールの一種「タンニン」という成分も含まれており、タンニンはなんとせっかく摂った鉄分の吸収を妨げる作用があるのです。

タンニンは主に紅茶やコーヒー、緑茶などの飲み物に多く含まれています。プルーンを食べるときには一緒に摂る飲み物に気を付けてくださいね。

やっぱり気になる・プルーンのカロリー

ダイエットにもオススメなプルーンですが、 甘みがとても強いのもあり、気になるのがカロリー。

ドライプルーンの1日の目安摂取量は1粒~3粒程度。ドライプルーン3粒ほどで約70キロカロリー程です。

3粒食べて約70キロカロリー程であればダイエット中にも小腹が減ってちょっとした間食として食べることもできますね。

しかし、サプリメントを飲むことや健康維持が1日で出来ないのと同じで、一度にたくさんのプルーンを食べてもすぐ効果が出るわけではありません。

1粒のカロリーが高くなくても、たくさん食べると高カロリー摂取に。しかも前述のようにお腹がゆるくなってしまう可能性などもがあるので、注意してくださいね。

毎日1~3粒を目安に続けてみることで、効果の実感につながります。間食のお菓子をやめて、プルーンに変えてみませんか?