【番外編】2月 うるう年とローマ皇帝が関係していた…?

明日で2月も終わり、明後日から3月です。3月は卒業の季節というイメージが強いですね。学生さんだけではなく、社会人の方も転職や移動・退職の方も多いのではないでしょうか?

2月は28日までしかなく、4年に1度「うるう年」といって29日までの年があります。2月29日生まれの方はなかなか複雑なご心境なのでしょうか…

では、どうして「4年に1度のうるう年」という年月の流れなのでしょうか?日本は「ユリウス暦」という古代ローマ時代から使われる暦の読み方で以下のような特徴があります。

・1月から始まり、12ヶ月365日とする。
・奇数月を31日、偶数月を30日とする。
・うるう年として4年に1回、2月の日数で調整した。

そして、ローマ皇帝の誕生月は8月でしたが、偶数月なので30日しかないことが気に入らなく、なんと8月は31日までとし、1年の終わりである2月を短くすることで調整したそうです。これがうるう年の始まりなんだそう。

アメリカ大統領選や夏のオリンピックの年=うるう年と思われがちですが、天文学の計算もありなかなか複雑なよう。地球が太陽の周りを1周するのに365.2422日程かかるそうで、計算と調整がまぁ大変です。といっても1日の誤差になるまでかなりの年月がかかるようなので、そこまで気にしなくていいのかも…?

前はいつがうるう年だったっけ…?と忘れがちですが、オリンピックが開催される年であることがわかりやすいですね。しかも今年の夏季オリンピックは日本での開催です。

来年の夏が今から楽しみですね♪