あなたは大丈夫ですか?春のメンタルケア

卒業シーズンを迎え、すっかり春休みですね。4月から新学期が始まったり、新社会人になる方もいてドキドキワクワクそして不安もあるのではないでしょうか?

春は一番変化を感じる時期

ハートを運ぶ

新しい環境になることは楽しみでもありますが慣れない土地などの場合は不安も大きいかもしれません。

3月から5月にかけては特に、精神的にどうしてもストレスを抱えてしまう季節です。

柔らかな新芽が顔を出す3月から4月にかけては「木の芽時」と呼ばれ、昔から精神科や心療内科などの先生の間では、メンタル状態が悪化する人が増える要注意時期として有名なんだそうです。

自分を大切にすることが二の次になりがちなのは要注意

優先

原因の一つとして「環境の変化」がやはり大きく、心が疲れてしまいバランスが取れなくなってしまうこと。

慣れない場に馴染もうとするのはとても素敵なことですが、大事な心を殺してしまうことにも繋がります。

特に3月から4,5月にかけては「三寒四温」と呼ばれ、気温が10度近く変化する日が続きます。

気圧が不安定で雨が降る日も多く、天気も気温も変化しやすい季節。日本は四季があるのでそのため日本人は自律神経系が疲労しやすい状態・時期であるといえるのです。

ただえさえ疲れやすい状態であるにも関わらず、学校や職場、転居など環境の変化などで生活のリズムが乱れたり人間関係の悩みも出てきたりすると体と心がついていけなくなるのは必然です。

そりゃ体調を崩してしまうのも無理ありません。

自分を守れるのは自分だけ。ストレスフリーな毎日を目指して

リラックス

この心身にかかるストレスを発散出来ずに少しずつ溜めてしまい爆発してしまうケースも少なくありません。そうなってしまう前に発散してセルフケアを行い、自分を大事にしてあげることが大切です。

意識的にリラックスする時間を作り、ゆるい時間を楽しみましょう。

睡眠時間を普段より長く取り、急いで済ませていた食事をゆっくり味わってみたり、烏の行水だったお風呂をシャワーではなく湯舟に浸かって足を伸ばしてみたり。お休みの日は時間に追われることなく気の向くままにの~んびり過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

ストレスに敏感なのは心よりも「腸」

腸イラスト

腸は「第二の脳」とも呼ばれていてたくさんの神経が集まっている臓器です。

腸にストレスがかかると腸内細菌のバランスが崩れてしまい便秘は軟便、突然の腹痛に襲われたり負荷がかかることにより肌荒れや免疫力低下で体調が崩れやすくなったり…

健康な心身を保つことで毎日ハッピーに過ごせるように、サプリメントの力を借りて腸内環境をおなか畑で整えていきましょう。

日本特有の春の変化。ご自身を大事にしてあげるために、ぜひ入念なセルフケアを心がけてみてくださいね。