お肌と腸内環境の関係

お肌の調子が悪く、どうやっても改善しない…。
そういったお悩みを抱えている方はとても多いかと思います。

見落としがちなのですが、外からのケアだけでなく、こういうお悩みには実は腸内環境の改善が有効という可能性があります。

腸内細菌のベストバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7 だということです。
このバランスが崩れてしまい、悪玉菌が優勢になると、腸内環境が悪化してしまいます。
そうすると老廃物が腸内にたまりやすくなり、お肌にも影響がでてしまう、ということです。

ケアをしっかりしているのになぜか改善しない!とお悩みの方は、腸内環境を一度見直してみると良いかもしれません。

もちろん大切なのは、腸内環境の「バランス」です。一つの菌をたくさん摂取することは、バランスを崩してしまう結果を招いてしまう可能性があります。
多種多様な菌を腸内に取り入れて、日和見菌がしっかりと活躍できるような環境を整えることが大切です。

日和見菌は優勢な菌の味方をするという、その名の通り「日和見な菌」なので、善玉菌が優勢になって日和見菌が善玉気の味方となって活躍してくれるよう、日々心掛けてみてくださいね。