サンゴは植物じゃなく、実はちがうものだった…忍び寄る危機

最近、今日は何の日シリーズになっていますね。調べていくとなかなか面白くて止まらなくなっています。誰かに話したくなる小ネタのようになればいいな~と思いながらコラムを書いています。

さて、今日3月5日は何の日かご存知ですか?今日の記念日の中で1番気になったのは「珊瑚の日」!サン(3)ゴ(5)の語呂合わせになっており、世界自然保護基金(WWF)という環境保全団体により平成8年に制定されました。

色とりどりで形が様々な綺麗な珊瑚。植物だと思われがちですがなんと「動物」なのです。面白いことに、卵から生まれるんです。卵から孵ると数日間は魚などと一緒で海中を泳いで暮らしているんだそう。想像がつかないですよね。海中を泳ぐ間に海底で自分の住処を探し、場所が決まったら海底にくっついて成長し、きれいな姿になっていくのです。

さらには海中のカルシウムを自身に取り入れて骨となる部分を形成し、のちに珊瑚は「自分のクローン」を作り増え、成長していくのだそうです。面白いですね、珊瑚。

実はこの珊瑚、世界規模で問題になっている地球温暖化の影響で珊瑚が激減しているんです。珊瑚は死んでしまうと白化してしまい、「海の砂漠化」といわれています。この砂漠化により海中の酸素が減り、海洋動物だけでなく、人間も影響を受けてしまうのです。悲しいですね。

海に生息する珊瑚はもちろん本物ですが、水族館の珊瑚はほとんどが精巧に作られた「作り物」。本物の珊瑚は長い年月をかけてすくすく育ったものなので、かなり重く簡単に動かすこともできないため水族館のは作り物なのだそうです。

せっかくきれいな珊瑚。沖縄などでも長い間問題になっていますね。珊瑚だけに関わらず、海洋のストレスを軽減し少しでも保護できるような環境になればいいですね。