パン屋のパンはなぜ裸?コンビニのパンはなぜ袋入り?

パンって選ぶの楽しいですよね

突然ですが、パンは好きですか?もしくは、パン屋さんは好きですか?

最近はおしゃれなパン屋さんが多いですよね~。パン屋さんで売ってるデザートも美味しいですよね。

パン屋さんを見つけたら入ってしまう性分で、食パンをどうしても買ってしまいます。

コンビニのパンも好きで、コンビニで実際に焼いて「焼きたてパン」として売っている所もありますね。美味しいんですよね~。

そこで今更気付きました。なんでパン屋さんのパンは袋入りではなくそのまま裸で置いてあって、コンビニのパンは袋入りなのか?と。

パン屋さんの手法!?だけじゃなかった

パンの説明が書かれているカードなどに整列するように置かれているパンは、なぜかキラキラしていて、より美味しそうに見えます。確かにこれもパン屋さんの手法なのかもしれません。

ですが、ほかにきちんと理由がありました。

焼き立てのパンを袋に入れると蒸気が溜まり、食感が硬くなったりカリカリじゃなくなったりしてしまいます。

そして、蒸気により袋に水滴がついたりすると、そこから雑菌が繁殖し衛生的な問題が出てきてしまうからです。

焼き立て!と書かれたパンを買うと、店員さんが「焼き立てなので、袋の口を開けておきますね~♪」と言ってくれるのは、これが理由だったんですね。

コンビニのパンは温度が下がっているから大丈夫

つまり、コンビニのパンが袋入りなのは焼きあがった後にしっかりと冷やされているから。蒸気も飛ばされていて、雑菌が生まれる心配もありません。

運搬のためにも袋に入れてるのは必須です。

コンビニのパン工場に密着したテレビ番組を以前見ましたが、焼きあがったパンがらせん状に天井へ向かってぐるぐる運ばれているシーンがありました。

これが「冷ます工程」だったのです。

でも、衛生的にどうなの?

かといってやっぱりパン屋さんの衛生面が気になる方もいらっしゃると思います。たくさんのお客さんで大賑わいなパン屋さんもありますしね。

小さい子供などは美味しそうなパンを見て、つい触りたくなるかもしれません。

気を付けていてもくしゃみや咳が出てしまったり、おしゃべりで唾が飛んでしまうかもしれません。

お店の扉を開けたタイミングで、いい匂いにつられて虫が入ってくるかもしれません。

日本は特にきれいすぎるので、お店側も衛生管理はきちんとしていると思うので、あまり神経質にならず、美味しそうなパンのことだけ考えましょう!

虫が寄ってくるほど、小さい子が触りたくなるほど美味しそうなパンってことではないでしょうか?

冷凍したパンを美味しく食べる方法

パンをたくさん買ってしまったり、日常的にパンを冷凍庫にストックしている方も多いのではないでしょうか?

冷凍していたパンを自然解凍して、オーブントースターでチンすれば、ふわっふわの買ったときのようなパンが焼けますよ♪

「自然解凍を待つ時間がない!」という場合は、電子レンジで20-30秒(食パンなど薄いものは10秒くらい)チンしてオーブントースターで焼くのがオススメです。

あ~、食パンにバター塗って、マヨネーズ乗せて、塩コショウちょい振りしたハイカロリーマヨパンが食べたくなってきました。食パン買いに行こうっと。