今日は何の日?ヨーグルトの日!健康の味方・ヨーグルトのメリットと効果を大解剖

5月15日は「ヨーグルトの日」

以前のコラムでもヨーグルトについて少し書きましたが、今日はなんとヨーグルトの日。

ヨーグルト特集なのかというほどにヨーグルトについて書いてみたいと思います。

ヨーグルトとは、発酵乳の一種で主に牛乳に乳酸菌や酵母などを混ぜて発酵させた食品です。ですが、国などによっては牛だけでなくヤギや羊、水牛などを原料にしたヨーグルトもあります。それぞれで味が全く違いそうですね。

ヨーグルトの発祥はブルガリアというヨーロッパにある国。あの有名なヨーグルトの名前にもなっていますね。

なんとヨーグルトの歴史は長く、紀元前3000年には存在したそう。日本へ伝わったのはなんと飛鳥時代!日本で最も古いとされる「医心方」という医学書にも記されているそうです。聖徳太子もヨーグルト食べたんですかね?

ヨーグルトは乳酸菌だけじゃない?他の健康に良い成分もたっぷり

ヨーグルト=乳酸菌。確かに間違っていません。

乳酸菌には、 「美容・美肌効果」 「整腸作用」「免疫力強化」「アレルギーの予防や改善・緩和」「ウイルスの予防」「生活習慣病の予防」などなど、色々な効果があります。ヨーグルトには乳酸菌がたっぷりなので、健康に良いと言われます。

しかし!ヨーグルトには乳酸菌だけではなく生きていくために必要な栄養素も含まれているんです。

例えば、3大栄養素であるたんぱく質・脂質・炭水化物はもちろんのこと、カルシウムやビタミンB2も含んでいます。

これらの栄養素は生きていくことにはもちろん、健康に過ごしていくために必要不可欠なものばかりです。

ヨーグルトの効果的な食べ方

いつヨーグルトを食べるのがいいのかな~?と思う方も多いかもしれません。

朝ごはんにグラノーラを入れて食べる方、食べるのではなく「飲む」派の方。

間食に1カップ食べる方、夜にデザートとして食べる方。食べたい・飲みたいと思ったときに取り入れる方。

気軽に摂取できる=いつ食べたらいいのかわからない、なんて方も多いかもしれません。

色々な説がありますが、夜にヨーグルトを食べる・飲むのが効果的だといわれています。

ホルモン分泌と同じように、腸のゴールデンタイムも22時~翌2時の間といわれ、24時間の中で腸が一番活発に動き、摂り入れた栄養素などの吸収率が上がります。

夜ごはんは寝る3時間前でかつ21時までに食べておくのが1番いいと言われています。これは安眠できるように体のリズムを整えることにも関係しています。

ダイエット目的で取り入れるなら食前、お腹の調子を整えたいのでしたら食後がオススメです。

ヨーグルトでは何も変わらないという悩みがあるなら

乳酸菌には、たくさんの種類があります。乳酸菌の種類によって効果などが違うのも理由の1つです。そして、人間の体は個々様々。乳酸菌との相性にも個人差があります。

「なかなかヨーグルトを食べても変化がない、なんだか合わない気がする…」

もし、そんなお悩みがあるなら、ヨーグルトを変えてみるのはいかがでしょうか?

目安として2週間~1ヶ月くらい食べてみて、なんか違うと思ったら目的に合わせて銘柄を変えてみるのもオススメです。今は、たっくさんのヨーグルトが販売されています。

例えば、便秘に悩んでヨーグルトを食べだしたとします。しばらく取り入れてお通じがよくなったらそれは自分に合うヨーグルト。なかなか改善せずにモヤモヤするようであれば別のヨーグルトに変えてみるのも1つの方法です。

食べ物でもサプリメントでも化粧品でもそうですが、体内改善・腸内環境改善など体の悩みはなかなかすぐに良くなるものではありません。

少しずつ少しずつ変わっていくので、ゆっくり様子は見てくださいね。食べ物とサプリメントなどの併用でもっと効果的になる場合もあります。

今日はヨーグルトの日。せっかくなのでスーパーなどでゆっくりヨーグルトを吟味するのも楽しいかもしれませんよ(^^)