今更聞けない「おから」の秘密と期待できる効果とは?

おからとは、元は大豆のことで大豆からお豆腐を作る過程で出来るのが豆乳・その豆乳を絞った際に出る搾りかすのことを言います。

このおから、実は処理が大変で生ごみに分類されるイメージがありますが、実は「産業廃棄物」なんだそう。1999年に資源なのか?廃棄物なのか?という内容で【おから裁判】という裁判まで行われていたんです。当時の判決では産業廃棄物として判定を下されましたが、技術が進歩した今では「資源」として活用される機会も多くなっています。

ではなぜ、廃棄物として扱われていたのでしょうか?豆腐を作るうえで出来るおからの重さは、なんと大豆の1.35倍!大豆を水に浸す工程で大量の水分を含むため、重くなります。水分を含んで腐りやすく、かつ重量もあり食品として使われている割合が少ないなどといった問題から産業廃棄物に分類されました。

しかし、おからは元は大豆のため栄養がとても豊富でぎっしり凝縮されているといっても過言ではありません。こんな素敵な食材が大量に作られるのに、そのほとんどが廃棄物だなんて、もったいないですよね。

おからの中にはたっぷりの栄養が残っていて、健康増進や維持、予防などにうってつけ。食物繊維やカルシウム・たんぱく質はカリウムなどはもちろん、鉄・亜鉛・ビタミン群・マグネシウム・葉酸などなどなどなど!そして何と言っても女性の味方であるイソフラボンも豊富に含まれています。特に優れているのは食物繊維で、おからの食物繊維はセルロースという水に溶けない不溶性食物繊維。腸のぜん動運動を促してくれるので便秘の解消・腸内の残留物のお掃除をしてくれます。よって大腸ガンの予防にもつながるといわれています。

サポニンという成分も含まれており、サポニンは油汚れを落とす効果があり、しかも天然なので人体にも安心。肌が弱い・敏感肌の方には大豆成分が入っている石鹸などもおすすめですよ♪赤ちゃんにも使えるかもしれませんね。

おからは比較的安価で買えることもあり、低カロリー。お豆腐屋さんによってはおまけでおからを無料でくれるお店もありますよ♪お惣菜としておからの和え物などはもちろん、ハンバーグなどの一品から、おからのクッキーやケーキなどのお菓子、おからパウダーなどもあるため気軽に取り入れることができます。

超万能なおから。ダイエットはもちろん美容や腸活、健康維持や不調予防などにとってもおすすめです。ぜひ取り入れてみてくださいね♪弊社が販売しているおなか畑も大豆発酵食品のため栄養ぎっしり!おから料理を作るのはちょっと面倒…という方には気軽にサプリメントで取り入れてみてはいかがですか?