和菓子の気になる話・今更聞けない「桜餅」の違いって?

お彼岸も終わり、お供えなどで上げていた桜餅やおはぎなどをどうしようか考えている今日この頃…。お店に並んでいる桜餅も種類があって、不思議に思いました。

「包まれている桜餅」と「くるまれている」桜餅

道明寺と長命寺

桜餅には関西風と関東風があるようで、某カップうどんみたいだなぁと思いました。関西風(上方風)の桜餅を「道明寺」、関東風(江戸風)の桜餅を「長命寺」というそうです。

なぜそんな名前がついているのかというと、関西風の道明寺は道明寺粉という材料に含まれているから。道明寺粉とは、もち米を一度蒸して乾燥させた後に粗く砕いた物をいい、桃色に色付けしたもので餡を包みます。お米の食感が残る皮が美味しいですよね。

この道明寺粉、戦国時代に大阪の道明寺というお寺で作っていた保存食が元になっていて、長期保存できることから実は武士の携帯食として用いられていたんだそう!乾燥したものをお湯などでふやかして食べられていたんだとか。

では、関東風の桜餅「長命寺」はどうなんでしょうか?

道明寺とは違って長命寺の材料は「小麦粉」なんです。小麦粉と水を合わせて薄く焼いた皮で餡をくるんだもので、道明寺とは材料だけでなく工程も全く違うんですね。

長命寺と呼ばれる由来は諸説あるそうですが、さかのぼること江戸時代、東京にある長命寺では桜の木から落ちる葉の掃除に日々頭を悩ませていたそうで、その落ちた葉を塩漬けにしてお餅を包んだのが始まりだといわれています。このお寺で初めて作られたことから名前がついたそうです。

桜餅に欠かせない「桜葉の塩漬け」食べる?食べない?

桜葉

桜餅といえば「塩漬けされた桜の葉」ですよね。香り付けやお餅の乾燥を防ぐ目的があるんだそう。

あの葉を食べる派と食べない派、どちらでしょうか?ちなみに筆者スタッフAは食べない派です。きれいに剥がれるとテンションが上がります。

あの桜の葉の食べ方について正式な食べ方は特に決まってはなく、食べるか食べないかはお好み。

地域によって同じ物でも種類があって面白いですね。ここまで書いて、ぼた餅とおはぎの違いはなんだろう?と気になってきました。

スーパーやコンビニなどでも気軽に買える和菓子。あえて和菓子屋さんで買ってみるのも楽しいですね♪