季節の変わり目こそ用心を!ヒートショックの注意

先日のコラムで、最近昼間は暖かいですね~でも夜間との気温差はまだまだありますね~というお話をしました。

この寒暖差による体調不良も懸念されますが、怖いのはそれだけではなく「ヒートショック」にも注意が必要です。では、このヒートショックって具体的に何かご存知ですか?

ヒートショックとは急激な寒暖差に体の体温調節が出来ず、血圧や脈拍が急降下し貧血などを引き起こしてしまい立ちくらみや失神してしまう危険があります。

特に注意なのは「お風呂」。暖かい部屋から寒いお風呂場で裸になるので、入浴の際熱いお湯に浸かることでヒートショックを起こしやすくなります。脳梗塞・脳出血や心筋梗塞など深刻な疾患につながりやすく、ヒートショックによる死亡は年々増加しており、特に高齢者に多く見られるそうです。高血圧や動脈硬化などの血流に関する持病や、糖尿病を患っている方もはヒートショックの危険に注意です。

では、ヒートショックにならないためにもどういったことを気を付けたら良いのでしょうか?

まず、寒暖差の開きが原因なので、寒暖差をなくしましょう。居間・リビングなどだけではなく廊下や脱衣所なども暖かくできると◎ お風呂に入る前にシャワーで浴室内の壁などにお湯をかけて室内温度を上げておくと安心です。浴槽に浸かる前に必ず足先からかけ湯を忘れずにしてくださいね。湯船から出るときはザバァー!!と急に立ち上がると血圧が急降下する原因になってしまい大変危険なので、ゆっくり上がりましょう♪

お風呂から上がったら熱気で乾燥もしているので、水分補給も忘れずにされてくださいね。

ご高齢の方とお住まいの場合などは、念のため倒れたりしていないか声掛けなどするのも安心ですね。

気温が上がって暖かくなってきたことで、ついつい安心してしまいがちですが、季節の変わり目だからこそ安心して気持ちよくお風呂に入りましょう♪