実は虫歯より多い!?日本人の7割がかかっている「歯周病」

実は日本人の中で一番多い病気「歯周病」

定期的に歯医者さん行っていますか?苦手な人も多いと良く聞きます。

実は、お口のお悩みや歯についての病気で一番多いのは「虫歯」ではなく、「歯周病」なんだとか。

その割合はなんと約7割。気付いていないなどの理由で隠れ歯周病の人もかなり多いかも。

厚生労働省が行った実態調査によると、20代でなんと約70%・10代後半でも軽度の歯周病患者は約65%にも上るという結果が出ているそうです。

何個当てはまる?歯周病チェック!

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 食べ物が歯のあいだによく挟まる
  • 冷たい飲み物や冷たい空気が、歯肉(歯茎)にしみる
  • 歯肉 (歯茎) がはれ、うずくことがある
  • 口臭がする
  • 歯磨きをする時に出血する
  • 固いものを噛むと出血する
  • 歯肉 (歯茎) が赤黒い
  • 固いものが噛みにくい
  • 歯肉 (歯茎) がぶよぶよして、押すと血やウミが出る
  • ぐらぐらしている歯がある

何個当てはまりましたか?歯周病チェックで4個以上当てはまった方は、早めに歯医者さんへ行きましょう!

そもそも何故、「歯周病」に気付かないの?

実に約7割以上という数字にはびっくりですよね。ではなぜ、そんなに多くなってしまうのでしょうか?歯周病ってどんな病気なのでしょうか?

歯周病は虫歯と違い、なんと初期の歯周病はとくに痛みもなく、歯肉(歯茎)がちょっと腫れたり、歯磨きのときに少し出血する程度なので、そのまま放置している人がほとんどだからとか。まさか「歯周病」だとは思いませんよね。

歯周病の原因である歯周病菌は空気が大嫌いな「嫌気性(けんきせい)菌」で、歯の表面ではなく、空気が届きにくい歯と歯茎のすき間を好みます。

そして、食べかすをエサにプラーク(歯垢)を作り、歯を支える歯肉 (歯茎) やその周辺の組織が炎症を起こします。

炎症が悪化すると歯槽骨が溶け、歯が抜け落ちて失うことにもなる病気が歯周病です。

歯垢は食べたもののカスだと思っていらっしゃる方が多いのですが、実は「歯周病菌のかたまり」。

歯垢は固くなり、歯石になってしまうと日頃の歯磨きでは取り除くことが困難です。そして、硬くなった歯石の上には歯垢が付きやすいので、悪循環です。

歯磨きで毎日100%の歯垢と取るのは難しいです。歯並びも人それぞれなので、定期的に歯医者さんへ通い、口腔内のお掃除をしてもらいましょう。

早ければ早いほど簡単に治療できる

初期段階では自覚症状がほぼ無いに等しい歯周病。「わたしは歯茎も綺麗だし大丈夫」「痛みも出血もないから大丈夫」と安心はできません。

症状がなくてもメンテナンスを兼ねて、歯医者さんへ行ってみましょう。

発見が早ければ、治療も早くスタートできるので治療も早く終わります。

「気付いた時にはもう手遅れだった!歯を抜かなきゃいけなくなった!」とならないためにも、虫歯より多い歯周病に目を向けてみませんか?