日焼け対策

暑い!まだ5月なのに!猛暑を乗り切る対策と気を付けること

5月とは思えない猛暑

5月下旬に差し掛かり、もうすぐ6月。梅雨がやってくるな~と思う時期ですが、そんなことより暑すぎやしませんか?

数年前、いやむしろ去年くらいまで5月の気温は20度前後~上がっても25度くらいまでだったような…

ところが、今年はもう日中30度前後にまで上がり、熱中症注意報も出ています。

5月の最終週末、なんと30度超えるところもたくさん!もうすっかり夏ですね。

まだ準備もしてなかった!暑さ対策

日焼け止めは年中行うべきと以前もお話しましたが、まだ日傘や帽子、腕カバーやひんやりグッズなど買っていない!という方も多いかもしれません。

日傘は雨傘よりも差す頻度が多いので、傘骨が折れてしまったり、紫外線防止効果が永年続くわけではないので、数年に1回には買い替えることがおすすめです。

日焼け止めも開封したものはできるだけ早く(3ヶ月以内くらいがベスト)使い切りましょう。去年買った日焼け止めが残ってる方も、未開封であればOKだと思いますが、開封済みのものは必ず皮膚に異常が出ないか確認して使用してくださいね。

腕や足だけでなく、首や肩回りも日焼けやすい箇所。塗り忘れがないように注意してくださいね!

髪の毛にはスプレータイプの日焼け止めがオススメですよ♪

運動会やイベントも盛りだくさんの5月末!体のことを1番に。

5月は運動会・体育祭シーズンでもあり、お子さんだけでなくご家族で楽しみなイベントです。

朝から場所取りしたり、前日の夜くらいからお弁当の仕込みをしたり…スーパーや商店街はいつも以上ににぎわいますね。

しかし!楽しみにしていたのに、暑さにやられては元も子もありません。

木陰や校舎などの日陰ができやすいところは争奪戦です。でしたらいっそのこと、日陰を作ってしまうしかありません。

レジャーで人気のタープテントは屋根だけなので風通しも良く、便利です。テント張る場合はペグというひっかけ釘を地面に打ち込む必要がある場合があるため、ハンマーなどを忘れないようにしてくださいね…!

ひんやりグッズとして保冷剤や飲み物を凍らせたペットボトルなども必須。体温調節に絶対注意してください。

日傘は控えて、帽子をかぶるようにしましょう。人が多い場所で傘をさすのは危険!けがの原因にもなってしまいます。

体調に異変を感じたら、絶対に無理はせず休むことが一番。周りに助けを求めることも1つの方法です。

まだまだ続く真夏日。夏本番がこわい!

これからどんどん気温も上がり、日差しも強くなってくるとなると、涼しい部屋から出たくなくなりますね~。

決して無理はせず、熱中症はもちろん夏風邪などにも気を付けて乗り切りましょう!

かき氷食べたくなりますね…。夏はもう、すぐそこです。