桃の節句・ひな祭りは健康を願う行事の1つ♪

3月3日はひな祭り。桃の節句ともいいますね。日本では「女の子のお祭り」として定着していますが、元をたどると違うようです。

女の子の日として日本で定着したのは江戸時代。起源は日本ではなく中国だったんです。中国では「上巳節(じょうしせつ)」と呼ばれ、性別や年齢など関係なく体調を崩しやすい季節の変わり目に健康と幸せを願って海や川で厄払いをする行事です。これが平安時代に中国から日本に伝わり、小さな女の子の遊び「ひな遊び」で使われる紙人形を自分の身代わりとして海や川に流し、無病息災を願ってたことが日本のひな祭りの起源と言われています。

ひな祭りで食べられるちらし寿司などの行事食にも健康を願って、様々な意味が込められています。

代表的なものとして「ちらし寿司」がありますね。ちらし寿司に乗っている具材のえびには健康や長生き・れんこんは見通しがきくこと・お豆は健康でまめに働けるという意味があるそうです。それだけではなく、たくさんの具材を食べることで季節の変わり目に元気に過ごせるようにという意味もあるそうです。

菱餅は3色の色使いにそれぞれ意味があり、緑色のヨモギには造血効果があるため健康や長寿・白色のヒシの実には血圧を下げる働きがあり、子孫繁栄や長寿、清浄などを意味しています。桃色はクチナシの実で解毒作用があり、魔除けを意味しています。菱餅を食べるときは角から食べると「角がたたずに丸く生きられる」という意味もあるそうです。

甘酒には体力や気力をもたらして長生きできるように。

無病息災を願うだけあって、長寿・長生きの意味がそれぞれに込められていますね。そして、昔から行事によってそれぞれ意味を持ち、栄養バランスが考えられていたことがわかります。

もうすぐ2月も終わり、3月になります。性別・年齢問わずバランスの整った行事食を召し上がって健康を願いましょう♪