アレルギー症状代表・花粉症を腸内環境で見直しを!

今年もこの季節がやってきました。そう、「花粉」です。

毎年2月ごろから舞いだす種類で代表的なのはスギ、春先ごろからはヒノキなどです。体の免疫力が下がることで今まで花粉症ではなかったのに突然花粉症になってしまう方も…

花粉症はアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の総称で、鼻腔や目などに症状が出ます。アレルギー性皮膚炎の方や敏感肌の方などは顔や体がかゆくなってしまったり。症状が様々なのでとても厄介です。突然花粉症になってしまうのは免疫力低下に加えて、ストレス増や睡眠不足、食住環境の変化や腸内環境・腸内細菌バランス崩れなども原因と言われています。

では、どうしたら少しでもアレルギー症状を緩和できるのでしょうか?体内の免疫細胞のほとんどは腸内に集まると言われております。そのため、腸内環境を見直してバランスを保つことが緩和へ近づくことができるのではないでしょうか?

そして花粉の飛んでいる時期や種類はその時々によって変わります。というか大体が2月ごろから10月ごろにかけて飛沫する種類を変えながら花粉はずっと飛んでいます。

春花粉や秋花粉によって症状の具合が違ったりすることもあると思います。症状が強い方はマスクだけではなく、眼鏡やアレルギー剤が必要な場合も…

花粉による身体的ストレスも軽減するために、腸内バランスを整えてみませんか?もうすぐ春本番です。