3月のめまいや頭痛、体調不良は要注意!?バランスを保つだけで楽ちんストレスフリーへ

3月に入り、お天気がなかなか不安定な場所も多いですね。気温差はもちろん、雨が降ったり止んだり晴れたり曇ったり…

風邪っぽい症状だけではなく、めまいや吐き気・頭痛を引き起こしてしまわれる方も多いのではないでしょうか?

気圧の変化によって体調を崩してしまうことや、元々頭痛持ちの方が症状を悪化させてしまうことを「気象病」と呼びます。気圧の変化が激しいと頭痛が起こりやすくなったりテレビCMでもよく流れていますよね。

気圧が下がる=低血圧になると頭痛が起こると思われがちですが、下がるだけではなく気圧の急上昇でも起こる症状です。この低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧の変動が大きいと自律神経の交感神経が優位になり、自分の意思ではコントロールできず、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまうのです。

めまいなどは三半規管も関係し、気圧の上下で耳の奥にある「内耳」が敏感に変化を感知します。内耳とは、耳の中の組織の1つで入り口から外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ)・内耳(ないじ)に分かれています。内耳は三半規管や前庭など「体のバランス」を取ることに重要な気管が集まっている部分です。
内耳で感じた気圧の変化などの情報は、神経から脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を引き起こし、交感神経が興奮状態になり、その結果うつやめまいの悪化したり心拍数が増えて血圧が上がったり、持病の悪化などの症状が現れます。

今の季節は特に自律神経を正常に働かせることができる環境を作ることが大事です。その環境とは、本来の過ごし方を保つことが一番だそう。朝日を浴びて適度な運動、きちんと食事をしてよく笑うこと。細かいことは気にしないのも大事ですね。そして睡眠時間をしっかり取ることです。朝晩逆転の生活などは危険信号です。

草花が芽吹き、生き物も顔を出す季節です。満開の笑顔が続く毎日を作っていけると良いですね。疲れの溜まりにくさや心の安定もきっと変わってくると思いますよ♪