お酒飲んだ後のお決まりコース・なぜか食べたくなるラーメンの理由

先日、歓迎会や送迎会でお酒の席が多い時期なので二日酔いに気をつけてくださいね~飲んだ後はしじみのお味噌汁がおすすめですよ~というお話をしました。確かにしじみのお味噌汁は含まれる成分的にもとてもオススメです。

 

飲んだ後ってなんだか無性に「ラーメン」が食べたくなる

ラーメン

ですが、お酒を飲んだ後ってなんだか無性に「ラーメン」が食べたくなるって聞きませんか?

飲んだ後の夜中のラーメンがめちゃくちゃ美味しいとか、お酒の後のラーメンがやめられなくて太ったとか…。

塩分強いしお酒の後だし時間的に太るし浮腫むしってことで特に女性にとっては大敵ではないでしょうか。

でも、なぜお酒を飲んだ後に〆にラーメンが食べたくなるのでしょうか?実は、ちゃんと理由があったのです。

お酒を飲んだら身体に様々な症状が出ます。

飲み会例えば、体温が上がり顔や体が赤くなる・脈拍のスピードが速くなる・陽気になったり泣き上戸になったり俗にいう酔っ払いなど。なんかいつもと違う感じになる方が多く見られると思います。

アルコールを飲むと血液に吸収され、アルコール血中濃度が高くなる=血糖値が減少、低血糖状態となります。

その状態になるとひどい場合は立てなくなったり意識が朦朧としたりして、急激に眠くなったり…。

たまに酔っぱらって道端に倒れて寝ている人いますよね?あの状態になりかねないので危険です(いろんな意味で)。

お酒を飲むと肝臓はアルコールの解毒・分解をします。肝臓は糖の貯蔵庫でもあり、寝ている間や食事を摂っていないときに「糖を体に配る」働きがありますが、アルコールを摂取することで糖を分解に使うため配る分がなくなってしまいます。それで低血糖になってしまうんです。

「糖が足りませんよ~」という合図=糖を食べなければ!糖は炭水化物!てことでラーメン食べたいって思うのです。

ラーメンに含まれる「あの成分」が食べたくなる理由だった

ラーメンスープラーメンに含まれる成分で「イノシン酸」というのがあります。

これはラーメンのスープを作る際にとる「ダシ」に多く含まれていて、肝臓のアルコール分解・解毒作用を助けてくれて、アルコール血中濃度を下げてくれる働きがあるのです。

そして血糖値が減少・低血糖になると空腹のサインが脳から出るため、糖(炭水化物)と水分を欲し、ラーメンが食べたくなるのも不思議ではないのです。

一番は飲み過ぎず、低血糖や脱水になる前に切り上げることですが、飲んだ後にラーメン食べたくなったら食べて心も体も満たされるのもいいのではないでしょうか?